起こし部署、あります。

わたしたちが目指す文字起こしは、「すべてのお客さまのサポーターであること」。

わたしたちは、お客さま専属の起こし部署です 

「あ、萬屋さん、いつものでお願いね。」
「今度のは、あれで!」
 
お客さまはたったひと言を掛けるだけで、安心して仕事をオーダーできる。
まるで社内にある起こし部署のように。
そんな文字起こし会社を目指しています。
 
弊社は多くのスタッフを抱えているわけではありません。
でも、「だからこそできる」にこだわって、現在のスタイルをつくり上げました。
 
ひと言に「ケバ取り」といっても、お客さまが求めるモノはすべて違います。
また、お客さまにとっては、文字起こしがゴールになることは決してありません。
その文字起こしを使ってお客さまが何をするのか、何を達成したいのか。
文字起こしのその先まで捉え、その都度最適な文字起こしを提案することがわたしたちの役目です。
 
わたしたちはお客さまのチームの一員という想いで、「文字起こし」という技術を通してお客さまをサポートしていきたいと考えています。 

テープ起こし事務所 萬屋のこだわり

フレキシブル

「であるべき」より「だからこそ」
お客さまに最適な文字起こしを提案します。

クオリティ

納品物の品質維持のため、 独自の仕組みを構築し、品質と効率、スピードの向上を図ります。

チーム

ご継続のお客さまには専任チームを編成し、お客さまのご希望にそったものをご提供します。
 

料金・納期

素起こしプラン

1分400円(税抜)~/60分中3日~

録音されている音声、一言一句、全て起こします。
納品物で音声を再現できるレベルに限りなく近づけるように起こします。

ケバ取りプラン

1分300円(税抜)~/60分中2日~

内容重視のケバ取り・雰囲気重視のケバ取りの2パターンご用意。
お客さまの用途によって使い分けています。

オーダープラン

お問い合わせください

「出張して録音してほしい」「大量案件に対応してほしい」「翌日納品してほしい」「要約がほしい」「専門用語集を作成してほしい」「指定フォーマットで納品してほしい」など、お客さまの目的に応じた仕様で納品します。

スタッフ募集中

あなたの文字起こしが、未来のナニカを支えています。

文字起こしのプロフェッショナルを目指しませんか? 

「文字起こしの仕事とは何ですか?」と聞かれたときに「音声を聴きながら文字を起こす」と、ひと言で説明できます。
「どんなスキルが必要ですか?」と聞かれたときに、ひと言ではとても説明できません。
ひと言で説明できないのは、あの日にうまく聴き取りができず泣いた案件があったから。あのときに自分の語彙力のなさに悔しい思いをしたら。
あの日、あのときの苦労やつらさが蘇り、自分が欲しいスキルで頭の中はいっぱいで、文字起こしに必要なスキルがうまく説明できません。
けれど、最低限必要なスキルは、もちろんあります。
もし「あ、わたし、全部あるかも!」と思われた方、わたしたちと一緒に文字起こしのプロフェッショナルを目指してみませんか?
みんなで一緒に泣いて笑える人、大募集です!